社会人バンドサークル:カラフル

社会人バンドのライブイベントサークル|colorful(カラフル)

Colorful(カラフル)とは、こんなサークルです♪

colorful(カラフル)ライブで大切にしたいこと。

ライブの場を通して、こんなことでもなければ会わなかった人と出会ったり、自分からは聴きにいったりしないジャンルの音楽を生で聴く、「ライブイベントを通しての交流」が、最も大切にしていることです。
参加者はお客さんともなり、互いに聴きあいましょう。
そして、一緒に楽しみましょう。
(だから、自分たちの出番だけ会場に来る、というバンドさんは参加をご遠慮いただいています。ごめんなさい)

基本参加費用に改定が行われました。 » 2015/1/29日更新

カラフル サークル約款

  • いわゆる内輪ノリ万々歳!参加者がプレイヤーとお客さんを同時に兼ねるのがカラフルの大きな主旨です
    社会人サークルですので、仕事等で止むを得ない場合はあると思いますが、基本的に全ての参加者は集合時間から撤収まで「ライブを作る一員」としてお付き合い下さい。自分の出番以外も出来る限りの声援を「お客さん」として他のバンドに送ってあげて下さい!
  • プレイヤー以外のお客さんの入場ももちろん大歓迎!基本的に定期ライブはお客さん入場料は無料ですが、ライブハウス開催ですので1ドリンクオーダー(500円程度)は必須です。 尚、お連れのお子様の入場に関しては1ドリンクオーダーの必要はありません。
  • カラフルとして所持している機材(ドラムセット等)はカラフル主催ライブ以外では使用いたしません。基本的にライブ時のアンプ機材関連は箱に設置している機材を使用して下さい。出演者同士の持ち込み機材の貸し回し(シンバルやアンプ等)は、それぞれの機材の所有者の方に許可を得てから使用して下さい。
  • 参加費用に関しては各バンド代表者の方がバンド単位での合計金額をライブ当日ご持参の上、主催者にお渡し下さい。
  • 主催者は一切の営利を求めませんが、基本プラスマイナスゼロの観点で参加費を徴収し、ライブハウス側に会場費を渡していますので、チラシ、ドリンクチケット、ポスター作成等の実費がかさむと思わぬ赤字が発生してしまうケースもあります。その場合は気持ちだけ雑費として最小限の加算金額をお願いするケースもありますのでなにとぞご理解下さい。
  • サークル内での物品及びチケット等の販売、システム商法勧誘等、その動きによって個人に金銭的利益が発生する活動は全て禁止させていただきます。ボランティア活動や非営利を前提とした主旨の場合は協議の上、カラフル全体として認可する場合もあります。その場合はコチラから事前連絡下さい。
  • 会の趣旨や和を乱す言動や行動を起こす参加者や参加バンドの方は、退会していただく場合もあります。あくまで趣味の枠中&非営利で運営している個人運営サークルですので、色々と不行き届きな部分もあるかと思いますが、ピュアな音楽好き仲間が集まるサークルとして、これからも輪を広げていきたいと思っております。皆さまご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
  • ゲスト参加される方の参加費について。
    ・仲間のバンドに、ゲスト参加される場合。
    ☆1曲だけ参加:バンド加算費は必要ありません(^^)v ☆2曲〜3曲参加の場合:そのライブの参加費により、別途お知らせします。 ☆4曲以上の場合は、1バンド追加、ということでお願い致します。
  • そのライブに、ゲストとしてだけ参加、という場合は、
    ☆ゾイの場合:1曲〜2曲参加・ワンドリンク込み1000円 ☆Cavern Beatの場合:1曲〜2曲参加・ワンドリンク込み1000円
    ☆3曲以上は別途設定いたします。

colorful(カラフル)の始まりは。

colorful(カラフル)は、福岡で社会人バンドを4つも5つもやっている、1人の「社会人バンドウーマン」である私が立ち上げました。
私はライブよりも練習が好きです。ですから、所属するバンドがそれぞれライブするのが面倒で、「いっそいっぺんにやってしまえ!」と自分から企画を買って出たのが始まりです。(いい加減な・・・)
とくに2000年代前半は、下の子供3人が小学生と保育園、という状態だったので、仕事と子育てと練習だけで精一杯でした。
ライブにまで手が回りませんでした。だから、「ライブするなら一発勝負で全部やる!」と思ったのでした。

colorful(カラフル)ライブ誕生。

しかし、やってみると、自分がいろいろなバンドに入っていることもあり、また、他のメンバーが別で組んでいるバンドも全く違う傾向のバンドだったりして、文字通り「カラフル」な音楽のライブになりました。
第1回は2007年6月、福岡市南区野多目にある、サウンド楽器地下ホールでしました。
手前みそですが、かなりいいライブになりました。
第2回は2009年11月、筑紫野イオンのtwo-fiveホールで行いました。

私が自分でライブを企画しようと思った理由など。

自分で企画しようと思った理由の1つは、最初に書いたように、自分が所属するバンドが個別にライブするのは面倒でかなわない、と思ったことですが、他にも大きな理由がありました。
それは、ライブハウスなどでよくある「チケット制」が苦手、ということです。
社会人になってみると、若い頃のようにチケットなど売ったりできないものです。
とくに30代から40代後半くらいの年代の友人知人は、仕事も子育ても大忙し、という状況である場合が多く、せっかくの休日に「来てくれるだけで感謝感激」という感じですから・・・。

colorful(カラフル)ライブの基本理念

必要経費は参加者で頭割りして賄うことを基本として、高額な入場料は取らない、ということが一番大きなポリシーといっていいと思います。
※(複数バンド出演者に対しては傾斜負担あり・・・また、私も頭数に当然入ります)
もちろん非営利です。
主催者である私は企画経営はしますが、生業はほかにありますので、colorful企画運営からの利益は全く求めません。
通信費や紙代、印刷代、その他必要経費は、実費分を負担していただくだけです。仮に入場料の収入があった場合は、出演者で頭割り、もしくはバンド単位で割って返金します。

カラフル基本参加料について2015/1/29改定

皆さんのおかげでカラフルも少しずつ規模が大きくなり、主催ライブ回数も年々増える一方という傾向が続いております。これは皆さんがカラフルという組織に対して理解・賛同して足並みを揃えていただいている結果だと考え、大変嬉しく思っております♪

しかし、ライブ回数が増え、規模や会場バリエーションも多彩になる中で、必然的にさまざまな備品の購入・維持の必要性が出てきました。そこで今まで1ライブごとにいただいていた1人300円の雑費(主にパンフやドリンクチケット等の印刷費用等です。)に加算する形で、新たに200円の機材維持管理費をお預かりさせていただく事になりました。
9月22日のCavern Beatライブから、「雑費・備品・機材維持管理費」として上記のように合計500円を徴収させていただきます。どうかご理解くださいますようお願い申し上げます。

【内訳】
チケット・パンフ等雑費 300円(これは今までどおりです。)+機材維持管理費 200円(これが新しくお預かりする金額です。) =合計 500円

この新たに加算徴収させていただく機材維持管理費(200円)については専用の会計簿と通帳を作成し、「カラフルのお金」としてきちんと管理いたします。
そして、会計簿は、すべてのライブ会場において、常に公開し、参加者の方にチェックしていただけるようにいたします。ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。o(_ _*)o

(例)1人1バンド参加の場合
エリック(香椎) ライブ:基本参加費用1,500円(ワンドリンク込み)+雑費300円+機材維持管理費200円=合計2,000円
Cavern Beat(清川)ライブ:基本参加費用2,200円(ワンドリンク込み)+雑費300円+機材維持管理費200円=合計2,700円

※最初数年は、必要経費も私が好きでやっていることなので、参加者からの徴収は求めませんでしたが、若干所帯が大きくなって必要経費が増えるに従い、かえって頭割りしたほうが参加者の皆さんが私に気を使わなくていい、ということから負担をお願いするようになりました。

基本的に参加者はご家族連れの場合が多いので、子どもさんたちが「お父さんの出番以外の時間を過ごせる」場所がある、ということも会場探しの大きなポイントにしています。
趣味のバンドですが、それぞれ、家族の理解あってこそという一面があり、そのあたりを大切にできるライブイベントを企画することも重要だと考えています。

「サークル」ではありますが・・・

「サークル」と銘打っていますが、飲み会をしたりするわけではありません。もちろん、ライブ会場で意気投合して複数バンドのメンバーさんどうしで飲み会、というのはとてもステキだと思います。
けれど、私が呼びかけて全体の飲み会とか打ち上げを企画する、ということはありません。第一わたしは飲めないので・・・。
また、音楽以外での人づき合いを苦痛・・・というか、重荷に感じられる方もおられると思います。(実は私もそういう面が多分にしてあります)。
ですから、基本的にcolorful(カラフル)は、ライブイベントのみのサークル、純粋に音楽の場だけのサークルです。

colorful(カラフル)へのコンタクトなど

colorful(カラフル)へのメール